指向性の強いled電球の上手な使い方

指向性に強いという性質があって、下方向にしか光が広がらないというのがled電球の評判でしたが、最近の製品は光が白熱球のように拡散する自然な配光の製品も出回っています。
それでも、数年前に指向性の強いled電球を購入している人も多いはずです。これらの製品は非常に高価ですから、使わないのはもったいないことです。下方向に光が強いled電球は取り付ける箇所によって、明るさが全く違ってきます。
一番適しているのは天井に取り付けるダウンライトです。
全光束が1500ルーメン以上にもなるような、光が下方向に集中するled電球は、天井から吊るしたペンダントライトに取り付けるのと、下方向が極端に明るすぎて、天井は対照的に暗くなってしまいます。

このようなペンダントライトには、十分に光が拡散するled電球を取り付ける必要があります。

そうしないと照明器具の機能を十分に発揮させることができないからです。指向性の特に強いled電球は、1階と2階の間が吹き抜けになっているような、天井が高い場所で使うと特に効果的です。

かなり高価ですが、全光束2000ルーメンにもなるような強烈な光を発するled電球を吹き抜けの天井にある照明器具に設置すれば、抜群の明るさとなります。
ただ、照明器具は天井に埋め込まれたダウンライトであることが大切です。
たとえば、ガラスシェードのペンダントライトだと、光が下方向に集中して不自然です。指向性の強い、配光角度が120度程度のled電球は、くつろぎのリビングよりは、廊下や玄関、階段などの短い時間だけ滞在する空間に設置するのが賢い使い方です。

人は、焚き火やろうそくの炎のような、やわらかい光を見ると落ち着くものです。

それ故、リビングや寝室などのくつろぐ部屋では、配光角度が広角で、色温度が3000k前後の、あたたかく、やわらかみのある光を発するled電球を、直接照明、間接照明器具両方に取り付けて、バランスよく使えば目に優しく、睡眠を妨げません。

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01iicp01_02000016.html
http://www.is.oit.ac.jp/gakubu/computer/
http://www.is.oit.ac.jp/gakubu/computer/

豊胸の口コミのことならこちらをご活用ください。

一流の名古屋のharg療法の専門知識を身につけましょう。

お手軽にいたちの駆除情報がさらにわかりやすくなりました。

痩身の名古屋について説明致します。

気になるwebコンサルをさらに詳しく調べてみませんか。